やっぱりフリーメールが基本です

あなたは生活の中で、仕事とプライベートのメールはしっかりと分けていますか?
今の時代、複数のメールアカウントを使って、情報を管理するのが当たり前の社会です。
出会いアプリを利用するのであれば、やはり仕事、プライベートなアドレスと区別を付けたいものです。
そんな時に便利なのが、フリーメールアドレスです。
出会いアプリの登録には書かせません。
こと無料出会いアプリであれば、フリーメールが基本と言っても過言ではありません。
本当に信頼のおける有料出会いアプリであれば、プロバイダのアドレスを使っても良いかもしれませんが。
(個人的にはオススメしません)
無料出会いアプリであれば、優良サイトと言っても必ず広告メールはくるわけですから、ここはしっかりとアドレスは分けるべきでしょう。
広告メールというのは、無料サイトを使っている以上避けることは出来ないと思います。
無料サイトの運営もそれでサイトの利益を上げているのですから、送るなとはいえませんよね。
もしも仕事やプライベートで使っているメールボックスに大量の広告メールが届いたらどうですか?
削除するだけでも大変ですし、万が一大切なメールを捨ててしまったら取り返しがつきません。
また悪質な業者にアドレスが渡ってしまえば、もうそのアドレスは使えなくなってしまうでしょう。
このような危険がないように、予めフリーメールで登録したほうが絶対に安全で賢い使い方です。
最近のフリーメールは機能も優秀で、ウィルスチェックなども行なってくれるので至れり尽くせりですよ。

架空請求が来たときってどうすればいいの?

セフレが欲しいのであれば、セフレサイトを利用するのが基本だといわれる時代です。
まずは無料のサイトを使うのが無難で、経済的に余裕があるのであれば、有料サイトを試してみるのもいいでしょう。
ただ、この有料サイトを利用する際には注意が必要です。
料金を支払うにもいろんな方法がありますが、中には住所や電話番号などの個人情報を教える必要があるサイトもあるようです。
個人情報の重要性についてあまり深い認識がない人は、しばらくして身に覚えのない架空請求が来て慌てることもあるでしょう。
数十万円や数百万円といった法外な料金をだまし取られた人もいれば、数千円ならしょうがないと払う必要もないのに払ってしまう人もいるわけです。
架空請求はメールで送られてくることもあれば、郵送もありますし、電話がかかってくることもあります。
しかし、いずれにしても相手にしてはなりません。
完全に無視するべきなのです。
たとえ裁判所に支払い命令を出してもらうなどといわれたとしても、決して相手にしてはなりません。
しつこいようなら生活センターなどに相談したり、もし身の危険を感じるようであれば、躊躇なく警察などに相談するようにしましょう。